事業紹介

BUSINESS
FIELD

事業紹介

鉄道をはじめとする多彩な事業を通じ、世の中に新しい価値を届け続ける東急。
主要な4つの事業領域をご紹介します。

鉄道

安全・安心、
そして次の時代に
求められる価値を。

アフターコロナ、新しい生活様式が定着した次の時代にしなやかに対応するべく、4つの社会的価値、「安全・安心・環境の更なる追求」、「ユニバーサルなサービスの進化」、「都市交通における快適性の向上と課題の解決」、「人、街、暮らしを支えるプラットフォーム」を持続的に提供することで、鉄道事業の継続性を高め、良好な生活環境を創造し、今後も沿線地域の発展への貢献に取り組んでまいります。

4つの社会的価値の施策

01安全・安心・環境の更なる追求

安全・安心・環境の更なる追求

02ユニバーサルなサービスの進化

安全・安心・環境の更なる追求

03都市交通における快適性の向上と
課題の解決

安全・安心・環境の更なる追求

04人、街、暮らしを支える
プラットフォーム

安全・安心・環境の更なる追求
安全管理

安全の確保は、鉄軌道事業において最大かつ最重要の責務です。ハード面・ソフト面のどちらからも、安全管理体制を構築、安全・安心な鉄道の実現を目指しています。

3つの100%

3つの100%

ホームドア、センサー付固定柵全駅設置、防犯カメラ全車両設置、踏切障害物検知装置設置それぞれ100%を達成、安全性を向上

安全共創館

安全共創館

過去に経験した事故の再発・風化防止教育と、事故未然防止教育を軸とした教育により、全従業員の安全意識の更なる向上を目指しています。

保守、改良、技術戦略

日ごろのメンテナンスから、新技術を用いた改良まで幅広く取り組んでいます。技術面から、日々の保守・運行業務の効率化をはじめ、お客さまの安全性・快適性の向上を目指しています。

鉄道版インフラドクター

鉄道版インフラドクター

高速道路の維持管理システムである「インフラドクター®」を鉄道に応用。設備検査のDX化による効率化や精度向上を実現。

LED蛍光灯一体型防犯カメラ「IoTube」)

LED蛍光灯一体型防犯カメラ「IoTube」

撮影した映像を遠隔地からもほぼリアルタイムで確認することができ、安全性向上やセキュリティの確保に貢献。

事業企画

お客さまにより快適に、より楽しんで電車を使って頂くことや、環境への取り組みによるサステナブルな社会の実現に向けた企画や管理を行っています。

Qシート

Qシート

平日の夕方以降、大井町線の一部で利用できる有料座席指定サービス。今後他路線への拡充を検討しています。

きになるフードロス

きになるフードロス

フードロスの課題にも積極的に取り組み、資源循環型まちづくりの実現を目指しています。池上線長原駅では、駅舎の「木になるリニューアル」にあわせて、池上線沿線店舗から消費期限内の廃棄商品を集荷し、構内で販売しました。