事業紹介

BUSINESS
FIELD

事業紹介

鉄道をはじめとする多彩な事業を通じ、世の中に新しい価値を届け続ける東急。
主要な4つの事業領域をご紹介します。

国際

街づくりを、世界へ。

東急線沿線に、憧れの街をつくりつづけてきた東急株式会社。そのノウハウは、国境の向こうでも頼りにされています。舞台はベトナムやタイ、オーストラリア。建物をつくるだけではなく、交通網の整備や雇用創出など、持続的な発展をめざした街づくりを手がけています。

ベトナム版「多摩田園都市」

住宅、商業施設、交通インフラ。日本で鍛えた街づくりの総力を、ベトナムへ。

TOKYU GARDEN CITY

TOKYU GARDEN CITY

外資系企業の進出により、急速な経済成長が見込まれているベトナム・ビンズン省。その省都にあたるビンズン新都市において、日本国内での多摩田園都市のまちづくり経験を生かした、「東急ガーデンシティ」の開発を2012年より進めています 。これまでに、高層マンション、低層住宅や商業施設の開発を行っており、2023年にはビンズン新都市では初となるショッピングセンターを開業する予定です。
加えて、交通インフラのノウハウを生かして6路線のバスを運行し公共交通機関を利用する社会への転換に取り組む他、教育・医療機関の整備・誘致も進めています。2021年にはJリーグクラブである川崎フロンターレとサッカースクールも開校しております。文化交流・地域貢献イベントの実施による街の価値向上にも努め、豊かな生活環境を提供しています。

ホーチミンでの不動産事業

ホーチミンでの不動産事業

ビンズン新都市での事業経験を生かし、ベトナム最大の都市ホーチミン市エリアにおいても事業を展開しています。2017年に現地デベロッパーとの共同分譲住宅事業に参画し、2019年には(株)東急コミュニティーと共に総合不動産管理会社を設立して長期的な視点での建物・施設の管理を開始しました。2022年には賃貸オフィス事業を開始する等、引き続きホーチミン市エリアでの事業を推進し、ベトナムの都市の発展に貢献していきます。

タイ人にも、
日本人にも、幸せを。

日本人駐在員向けと、タイ人や外国人投資家向け、ふたつの住宅プロジェクト。

日本人向け賃貸住宅事業

日本人向け賃貸住宅事業

製造業を中心とした日系企業の進出も多く、今後も発展が見込まれるチョンブリ県シラチャ群において、日本人向け賃貸住宅事業を展開しています。駐在員家族向けの「ハーモニック レジデンス」(全212戸)は、ミキハウス子育て総研の「子育てにやさしい住まいと環境」に海外で初めて認定されており、2021年には拡張計画第1期の住宅32戸が竣工・開業、共用施設も増設しました。今後も住宅321戸の提供に向けて、順次拡張を進める計画です。また、2020年より単身・夫婦向けの「グリーンライフ」(全75室)も運営しています。今後も顧客視点に立った開発・運営の推進により、海外で暮らす日本人家族に安心で快適な暮らしを提供していきます。

分譲住宅事業

分譲住宅事業

タイの首都バンコク郡において、住宅開発の豊富な経験を持つ現地大手デベロッパーと共に分譲住宅事業を展開しています。2019年に竣工した2つのコンドミニアムは全戸完売、2020年には高層コンドミニアム「XT EKKAMAI(XTエカマイ)」が竣工し、都心に通勤するタイ人やタイ国内外の投資家を中心に高い評価を得ています。今後もタイの住宅ニーズに合わせた開発を、現地パートナーと共に推進していきます。

暮らす人も、働く人も、
集まる街へ。

宅地開発と雇用創出。その両輪で、西豪州・ヤンチェップ地区に存在感を。

宅地開発/都市開発

宅地開発/都市開発

西オーストラリア州の州都・パースから北西へ約50kmのヤンチェップ・ツーロックス地区で、定住者15万人と就業者5万5,000人が暮らす「Clean Green Sustainable City」の実現にむけて都市開発事業と宅地開発事業を推進しています。2023年完成予定の州政府による鉄道延伸工事も見据え、周辺のインフラ整備のほか、イノベーションやビジネス創出を目指した研究教育複合施設(Y.hub)の運営、ローカルブランドの確立を目指したファームビジネスなども行っています。