Tokyu Topics東急トピックス

2020.09.30

当社初!「サステナビリティボンド」を発行します 環境問題・社会課題双方の解決に貢献する事業に調達資金を充当し、サステナブル経営を推進

当社は、環境問題・社会課題双方の解決に貢献する事業の資金調達手段として、当社初となる「サステナビリティボンド」(以下、本社債)を2020年度内に発行します。当社は、東急グループのスローガンである「美しい時代へ」を普遍的な価値基準と認識し、創業以来、鉄道事業を基盤とした「まちづくり」を通じて、社会課題解決と事業成長の両立を目指しています。今般、当社グループのサステナブル経営を象徴する環境問題・社会課題双方への取り組みについて、ステークホルダーの認知をさらに高め、資金使途となる事業の訴求を通じて当社グループのサステナブル経営のさらなる推進につなげることを目的に、本社債の発行を決定しました。
本社債による調達資金の使途は、①新型車両、②鉄道関連インフラ整備(ホームドアなど)、③南町田グランベリーパーク、④サテライトシェアオフィス(NewWork)を主な対象とし、開発や整備などに要した支出のリファイナンスとして充当する予定です。

 

もっと詳しく>>