東急

Tokyu Topics東急トピックス

2018.10.31

東急線沿線で、日本初の「郊外型MaaS実証実験」を実施 -「サステナブルな街づくり」に向けた、さまざまなモビリティサービスの提供を目指します-

東急電鉄は、郊外住宅地の維持・発展を目的に、さまざまなモビリティサービスを組み合わせた、日本初となる「郊外型 MaaS実証実験」を、東京都市大学、株式会社未来シェアの協力を得て行います。
「郊外型MaaS実証実験」は、「働き方改革」による効率的な仕事空間の確保などのワークスタイルの変化、高齢化に伴う地域内施設への移動ニーズなどのライフスタイルの変化や、カーシェアに代表されるシェアリングエコノミーの浸透など、郊外住宅地を取り巻く社会変化に対応し、多様な移動選択肢の整備を目指す取り組みです。

もっと詳しく>>